NEW ALBUM「悲喜こもごも」収録曲

「おいで」Official Music Video

「生きること」Official Music Video

EVENT    

IN STORE LIVE!

開催日時:12月17日(土)18:00 START
会場:タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
内容:ミニライヴ(観覧フリー)&サイン会(要サイン会参加券)

タワーレコード渋谷店 イベントページ
http://tower.jp/store/kanto/Shibuya/event

開催日時:12月29日(木)20:00 START
会場:タワーレコード新宿店 7Fイベンスペース
内容:ミニライヴ(観覧フリー)&サイン&握手会(要イベント参加券)

タワーレコード新宿店 イベントページ
http://tower.jp/store/kanto/Shinjuku/event

NEW ALBUM「悲喜こもごも」トレーラー映像公開!

NEW ALBUM「悲喜こもごも」トレーラー映像

  
INTERVIEW

BARFOUT!

BARFOUT! 12月号にアルバム「悲喜こもごも」についてのインタビュー記事が掲載されました!

BARFOUT! 12月号(11月19日発売)
https://m.facebook.com/photo.php?fbid=1178995795492904

ARTIST COMMENT

大切なアーティストの皆様から、あたたかいコメントを頂きました!
(※五十音順) ↓↓↓

     

    

安藤 裕子

矢野まきさん。
矢野さん。
まきさん。
まきちゃん。
呼び名も定まらないほどまだ出会って間もない人間が、語るのも難しいけれど、初めて会ったとき思ったんだ。 特別な声の持ち主だって。
つるっとしてるんじゃない、声の芯を柔らかく包む空気。その時は人の曲だったから見えなかった人間。
悲喜こもごも。この作品には彼女のまだ見ぬ心や女、暮らしの匂いが詰まってる。オニギリも好きだったんだね。

安藤 裕子 Official WEB:https://www.ando-yuko.com/

    

大橋 卓弥 (スキマスイッチ)

みんなー!矢野まきが帰ってきたぞー!!
昔と変わらない歌声、歌唱力。
でも楽曲を聴くと今の矢野まきだからこそ書けたのかもしれない、
そんなまきちゃんの今を感じられる曲達が並んだこのアルバム。
この時をどれだけ待っていたことか!
いやぁ、それにしても久々のアルバムとは思えない素晴らしい出来上がりだよ、これ。。。

スキマスイッチ Official WEB:http://www.office-augusta.com/ohashi/

    

川村 結花

笑って、泣いて、転んで、ヒザをかかえて、また歩いて。
そんなぜんぶが愛おしいこと教えてくれる歌たち。
よりいっそう人間くさくなった(笑)まきちゃんが大好きです。

川村 結花 Official WEB:http://www.kawamurayuka.com/

    

斎藤 誠

まきちゃんの自分に正直すぎる言葉のひとつひとつが胸を打ちます。
待ちに待った歌を聴きながらぼんやり窓の外を見たら、隣のマンションの上に真っ青な空。
上質のポップソングたちは僕の普通の生活に滲んで心にポワーンと響くのでした。
「今の曲、もう一回聴かなきゃ。」という欲求を抑えて、まきちゃんの完成させた作品の全体を楽しむことにしました。

斎藤 誠 Official WEB:http://tearbridge.com/saitomakoto/

    

柴田 隆浩 (忘れらんねえよ)

息をするように歌を歌って、
生きることが、そのまま言葉になり、メロディになり、音楽になるひと。
そんなことを思いました。
丁寧に、美しく生きるひとの、丁寧で、美しい音楽。

忘れらんねえよ Official WEB:http://www.office-augusta.com/wasureranneyo/

    

仲井戸 麗市

Oh! この歌声、実に久しぶりの再会だ。
新しい唄達の様々に、矢野まきの進化した「今」を聴く………..。
彼女はやっぱり歌うことが必然なんだろう……..。
『ともあれ、君なりの1歩』をマイペースでね!。

祝!新たなる門出、yeah!

仲井戸 麗市 Official WEB:http://www.up-down.com/020chabo/index0.html

    

のぶみ (絵本作家)

「悲喜こもごも」矢野まきさんの歌を聴いた。
矢野さんの歌は濃くて繊細。
弱い自分をハッキリと歌うのは、やはり覚悟が決まってるからなんだろう。
ぼくは、このアルバムが大好きだ。

「おいで 愛すべき困難よ」
やはり男より、男前な気がする。

のぶみ Official WEB:http://www.nobmi.com/

    

平原 綾香

矢野まきさんと久々に再会した時のこと。
あることで困っていた私を、まきさんはまるで自分のことのように心配してくれ、家族のように応援してくれた。
なんて優しい人なんだろう。

人柄だけではなく、まきさんの歌を聴いていても同じ気持ちになる。
痛みに寄り添う歌詞、励ましてくれる楽曲、迷いのない歌声・・・。

このアルバムを聴いて、まきさんのことがもっと好きになった。

人を思う優しい心、まっすぐな生き方、何事にも真剣な眼差し。

彼女の生き方こそが
“人生の応援歌”だと、私は思う。

平原 綾香 Official WEB:http://www.camp-a-ya.com/

    

広沢 タダシ

心が震えた。初めて彼女の歌を聴いた日のように。
何年もの間彼女は、目に見えない本当のことだけを見てきたんだと思う。
九編の再生の物語を辿っていくと、そういえば自分の中に足りていなかった命の感触のようなものが心に注がれていく。聴き終えて満たされた僕は、しばらくスマホは見ないで済むような気持ちになった。

広沢 タダシ Official WEB:http://www.hirosawatadashi.com/

    

松本 英子

彼女が『一歩』を踏み出すとき、
それは誰より力がいる。

どんなことにも真摯に誠実に向き合うが故、
いろんな事を考え過ぎてしまうから。

でも、不器用に生きる『矢野まき』が歌う歌だから、私たちの心は揺り動かされてしまうのかも知れない。。。

驚くほど正直で、臆病で、可愛い
そんな彼女をありのままに映した『悲喜こもごも』。初めて聴いたその瞬間から最後の最後まで、とにかく作品ごと抱きしめたいと思った。

まき、
素晴らしいアルバムを産み出してくれてありがとう。私はやっぱりあなたの歌が大好き。

松本 英子 Official WEB:http://eikomatsumoto.com/

    

森山 直太朗

7年ぶりにまきちゃんからの手紙をもらったようなそんな、気分。

密度ある彼女の歌声が素直な世界へおいでおいでしてくる。
そうそうそう、この感じ。

森山 直太朗 Official WEB:http://naotaro.com/

  矢野まき OFFICIAL WEB